丹波地域ではるか昔から栽培されている丹波栗。

その積み上げられた歴史のノウハウと恵まれた気候の中で

育つ品質が「丹波栗ブランド」の魅力です。

丹波地域ではるか昔から栽培されている丹波栗。その積み上げられた歴史のノウハウと恵まれた気候の中で育つ品質が「丹波栗ブランド」の魅力です。

丹波(現在の京都府中部と兵庫県の一部)で収穫される丹波栗は「大きくて色つやが良く、美味しい」とのブランドイメージが定着しています。
これは、丹波地方が「京の都」に近く、栗を朝廷や社寺仏閣への献上品とするため、常に新しい技術を取り入れ、品質を向上させてきたからです。
霧の発生が多い(昼夜の寒暖差が大きい)丹波の気候も栗に適しています。気温が高い日中は、光合成によって盛んにデンプンが生成されます。
気温が低い夜間は、呼吸によるデンプン消費が抑えられます。
このため、大きくて美味しい栗が実るのです。
霧の発生が多い(昼夜の寒暖差が大きい)丹波の気候も栗に適しています。気温が高い日中は、光合成によって盛んにデンプンが生成されます。
気温が低い夜間は、呼吸によるデンプン消費が抑えられます。
このため、大きくて美味しい栗が実るのです。
こ丹波栗は、千年以上の歴史を有する日本最古のブランド品です。
延喜式などの古文書では「丹波栗は鶏の卵ほど大きいが、他所で同じ栗を栽培しても丹波には及ばない」と紹介されています。特に、京都産は大嘗祭にも献上されてきました。
京都丹波栗の会では、美味しくて皮が剝けやすい「ぽろたん」を推奨しています。
できるだけ農薬を使わずに栽培し、収穫した栗は、氷蔵庫などで冷やして無農薬で虫を駆除するだけでなく、糖度も上げて美味しくしています。
京都丹波栗の会では、美味しくて皮が剝けやすい「ぽろたん」を推奨しています。
できるだけ農薬を使わずに栽培し、収穫した栗は、氷蔵庫などで冷やして無農薬で虫を駆除するだけでなく、糖度も上げて美味しくしています。
ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。
ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。ここに特徴の説明が入ります。