京都丹波栗の会とは

What is KYOTOTAMBA-GURI group

京都丹波栗の会は、京都産丹波栗の復活を目指して、丹波栗の栽培者、加工業者、ファンが集い、令和元年に発足しました。
丹波地方では、栗の大きさコンテストが開催され、「味」よりも「大きさ」にこだわってきました。
また、収穫した栗は、ガスで燻蒸して虫を駆除してきました。しかし、栗は食べ物ですから、「味」と「安全」を重視しないと、消費者離れが起こります。
そこで、京都丹波栗の会は、「ぽろたん」などの美味しくて皮が剥けやすい品種に着目しました。また、収穫した栗を氷蔵庫などで冷やす方法に着目しました。美味しい品種を氷蔵処理すれば、安全に虫が駆除でき、糖度が増して美味しくなります。
私達は、氷蔵した美味しい栗を、焼栗やマロングラッセなどに加工して消費者に届けます。
そのために、日本だけでなく、世界から学び、最新技術を取り入れます。
ヨーロッパで開催されている「栗と薪」「栗とワイン」のイベントの開催にもチャレンジします。