丹波地方(京都府中部と兵庫県の一部)で収穫される丹波栗は「大きくて色つやが良く、美味しい」とのブランドイメージが定着しています。これは、丹波地方が「京の都」に近く、栗を朝廷や社寺仏閣に献上するため、常に新しい技術を取り入れ、品質を向上させてきたからです。
霧の発生が多い(昼夜の寒暖差が大きい)丹波の気候も栗に適しています。気温が高い日中は、光合成によって盛んにデンプンが生成されます。気温が低い夜間は、呼吸によるデンプン消費が抑えられます。このため、大きくて美味しい栗が実るのです。
丹波栗は、千年以上の歴史を有する日本最古のブランド品です。
延喜式などの古文書では「丹波栗は鶏の卵ほど大きいが、他所で同じ栗を栽培しても丹波には及ばない」と紹介されています。このため、京都産は大嘗祭にも献上されてきました。
京都丹波栗の会では、美味しくて皮が剝けやすい「ぽろたん」を推奨しています。できるだけ農薬を使わずに栽培し、収穫した栗は、氷蔵庫などで冷やして虫を駆除するだけでなく、糖度も上げて美味しくしています。
丹波(現在の京都府中部と兵庫県の一部)で収穫される丹波栗は「大きくて色つやが良く、美味しい」とのブランドイメージが定着しています。
これは、丹波地方が「京の都」に近く、栗を朝廷や社寺仏閣に献上するため、常に新しい技術を取り入れ、品質を向上させてきたからです。
霧の発生が多い(昼夜の寒暖差が大きい)丹波の気候も栗に適しています。気温が高い日中は、光合成によって盛んにデンプンが生成されます。
気温が低い夜間は、呼吸によるデンプン消費が抑えられます。
このため、大きくて美味しい栗が実るのです。
丹波栗は、千年以上の歴史を有する日本最古のブランド品です。
延喜式などの古文書では「丹波栗は鶏の卵ほど大きいが、他所で同じ栗を栽培しても丹波には及ばない」と紹介されています。特に、京都産は大嘗祭にも献上されてきました。
京都丹波栗の会では、美味しくて皮が剝けやすい「ぽろたん」を推奨しています。
できるだけ農薬を使わずに栽培し、収穫した栗は、氷蔵庫などで冷やして無農薬で虫を駆除するだけでなく、糖度も上げて美味しくしています。

京都府の丹波エリアで栽培される丹波栗。
その恵まれた気候の中で育つ「丹波栗」は全国的にも有名なブランドとなり、
今もさらなる高みを目指して商品開発を進めています。
常に進化し続ける丹波栗。その魅力をたくさんの消費者に届けます。

京都府の丹波エリアで栽培される丹波栗。その恵まれた気候の中で育つ「丹波栗」は全国的にも有名なブランドとなり、今もさらなる高みを目指して商品開発を進めています。
常に進化し続ける丹波栗。その魅力をたくさんの消費者に届けます。

皮が剥けやすい「ぽろたん」の特長を活かしたマロングラッセを作っています。
本場ヨーロッパの人がビックリする味と大きさを兼ね備えた商品です。
氷蔵処理した「ぽろたん」は、糖度が高く、皮が簡単に剥けます。
ポン菓子機を応用したポン栗機で焼くと、とても美味しくて食べやすい焼栗になります。
高い糖度の丹波栗を贅沢に使ったモンブランは絶品です。氷蔵栗を使うことでいつでも味わうことができます。
栗をごろっと生地に挟んだショートケーキは、丹波栗の食感と甘味をそのまま味わうことができるスイーツです。
イベント情報
イベント情報
イベント情報
京都丹波栗の会は、京都産丹波栗の復活を目指して、丹波栗の栽培者、加工業者、ファンが集い、令和元年に発足しました。
丹波地方では、栗の大きさコンテストが開催され、「味」よりも「大きさ」にこだわってきました。
また、収穫した栗は、ガスで燻蒸して虫を駆除してきました。しかし、栗は食べ物ですから、「味」と「安全」を重視しないと、消費者離れが起こります。
そこで、京都丹波栗の会は、「ぽろたん」などの美味しくて皮が剥けやすい品種に着目しました。
また、収穫した栗を氷蔵庫などで冷やす方法に着目しました。美味しい品種を氷蔵処理すれば、安全に虫が駆除でき、糖度が増して美味しくなります。
私達は、氷蔵した美味しい栗を、焼栗やマロングラッセなどに加工して消費者に届けます。
そのために、日本だけでなく、世界から学び、最新技術を取り入れます。
ヨーロッパで開催されている「栗と薪」「栗とワイン」のイベントの開催にもチャレンジします。